ゲーミングモニター購入時に見るべきポイントとは?

【リトルナイトメア】不気味な船から脱出!(体験版レビュー)

  • URLをコピーしました!

2017年に発売された『LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)』のパッケージの不気味さが気になって、試しに体験版を遊んでみました。

どんなゲームなのかレビューしているので購入前の参考にどうぞ。(詳しい説明は後述

体験版は製品版と内容が異なる場合があります。購入の際はご注意ください。

筆者の評価

ホラーゲームのようなイメージだが、ジャンルは「ホラー」ではなく「サスペンスアドベンチャー」

驚かす系の怖さではなく、「不気味な世界観」でホラーを演出しているゲーム

謎を解きながらほぼ1本道を進んでいくので、ゲームが苦手な人でもプレイ可能。謎解きの難易度も難しすぎず、複雑な操作もないので比較的易しいゲームだと言える。

総合評価:3.8

注目したところ5段階評価
ホラー度
面白さ
不気味さ
操作性
難易度簡単〜普通
※体験版までの評価
目次

『リトルナイトメア』ってどんなゲーム?

「胃袋」の名を持つ謎めいた巨大船舶「モウ」に囚われた幼い少女「シックス」

物語はシックスがモウから脱出を試みるところから始まります。

引用元:https://ln.bn-ent.net/gameinfo/

『リトルナイトメア』の公式サイトを見てはじめて知りました。

まさか主人公が女の子だったとは…。

レインコートで何も見えないので子供であるくらいしかプレイヤーには分からないでしょう。しかし、画面が右に左に揺れるので船の中にいることはわかります。

ホラーゲームのような印象のパッケージですが、ホラーゲームではありません。「ナイトメア=悪夢」からホラーをイメージして遊ぶと拍子抜けします。

「サスペンス=不安感、緊張感」なら当てはまるゲームです。

とくに説明もなくゲームが始まるので多くのプレイヤーが不安に感じるでしょう。

「いつ?どこで?誰が?なぜ?」などの疑問を持ちながら進むしかありません。その不思議な感覚を楽しむゲームですね。

ハヤト

ストーリー描写がないからどんなゲームなのか分からんのが本音ですww

あえて説明しないで不気味さを引き立たせてるのかも。

不気味な世界観

『リトルナイトメア』の世界は“不気味そのもの”。

なんの説明もなく、いきなりゲームが始まります。進んでいく中で「操作の説明」があるだけで他は何もありません。

主人公が極端に小さいのか?主人公以外が極端にデカすぎるのか?

何もわかりませんが、あえて大小をはっきりさせることで異質な世界を演出し、不気味さをアップさせているのが分かりますね。

途中、「ヒル・ナメクジ」のような“ナニカ”に追われたり、監視しているような「目」から隠れたりと不気味な世界を感じられる要素がいくつもあるのは評価できます。

ホラーはあまり感じられませんが、不気味なゲームが好きな人には絶好の作品です。

謎解き・操作感

簡単なものもあれば、人によっては難しいと感じるものもある印象。

1本道を進むゲームは単調になりがちですが、謎解きを入れることでプレイヤーを飽きさせない工夫がされています。

難易度も難しすぎるものはないので、適度に楽しめるでしょう。

操作感も難しくはありません。「歩く」「走る」「掴む」「投げる」「しゃがむ」くらいで複雑な操作はなく簡単な部類に入るゲームだと思います。

まとめ

  • 不気味な世界観
  • シンプルな操作
  • 適度な謎解き

ちょっとたホラーを味わいたい人、ホラーゲームが苦手な人にオススメ!

怖いもの見たさを絶妙に味わえるゲームです。

説明もなく、何をどうしたらいいのか分からない不安感、得体の知れないナニカに追われる緊張感を適度に感じながら遊べます。また、シンプルな操作でゲームが苦手な人でも最後まで遊べそうです。

謎解きも程よい難易度なので、攻略など見ずにクリアできるでしょう。

がっつりホラーゲームで遊びたい人にはオススメできません。

筆者は心臓に悪い系が好きではないので基本的にホラゲは遊びませんが、その筆者が普通にプレイできてしまうゲームなので、ホラーゲームではないことは確かです。

「サスペンスアドベンチャー」というジャンルですが、正直なところ不安感も緊張感もあまり感じられませんでした。

普段からホラゲに慣れていると物足りないと感じてしまう可能性があります箸休め的なゲームにはもってこいかもしれません。不気味さは感じられると思いますが、それだけのゲームです。

バンダイナムコエンターテインメント
¥2,801 (2022/07/20 12:49時点 | Amazon調べ)
バンダイナムコエンターテインメント
¥3,520 (2022/07/20 12:51時点 | Amazon調べ)

私は結構怖かったけど。

ハヤト

最後まで読んで頂きありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立った記事はシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次