【ブルアカ攻略】総力戦ケセドの戦い方を解説

【風のクロノア1&2アンコール】体験版レビュー

  • URLをコピーしました!

2022年7月7日発売の「風のクロノア1&2アンコール」体験版レビューです。

あの大人気作、懐かしの「クロノア」がグラフィックを向上させて帰ってきました!

この記事で分かること
  • 「風のクロノア1&2アンコール」の体験版レビュー
  • 評価の詳細
    • アクション性
    • ボリューム
    • グラフィック・BGM
    • 操作性・難易度
  • まとめ

体験版は製品版と異なる場合があります。購入の際はご注意ください。

評価

基本は横スクロールアクションだが、ほぼ3Dに近いアクションゲーム操作が簡単で子どもから大人まで楽しめるだろう。

過去作のリマスター版とあって、グラフィックの向上は凄まじいと感じた。とくに筆者は、1997年発売の原作をプレイ済みなので、懐かしさと感動でより楽しめた。

ステージの難易度は簡単〜普通といったところ。体験版でも原作と同じギミックだったので、クリアしていくごとに少しずつ難しくなっていく仕様と思われる。(※筆者の原作プレイ経験より)

ストーリーは原作と同じ。フルボイス対応だが、人語ではないので文章を読まないと内容は理解できない

「風のクロノア door to phantomile(全18ステージ)」「風のクロノア~世界が望んだ忘れもの~(全24ステージ)」の2作が収録されているので、かなり長く遊べるだろう。

2人で協力してステージを攻略することもできるようだ。

原作をプレイしたことのある大人はもちろん、「風のクロノア」を知らない人も楽しんでプレイできると言える。分かりやすいストーリー、簡単操作で子どもへのプレゼントにピッタリ。

また「風のクロノア」はBGMも素敵なので、ぜひ聴いてほしいところだ。

総合評価:4

アクション性
ボリューム
グラフィック
BGM
操作性簡単
難易度簡単〜普通
※評価は筆者の主観

\ Amazon.co.jp限定 オリジナルPC壁紙 配信 /

目次

アクション性

トロッコ移動
高低差のあるステージ

2.5次元表現で奥行きのある立体的な表現が特徴!

基本操作に加え、「2段ジャンプ」や「トロッコ移動」「大砲移動」などのアクションもあります。

高低差のあるステージもあり、単調になりがちな横スクロールアクションを覆す画期的なゲームです。また、ギミックもしっかり点在しており、ただ道なりに進むだけでなく要所要所で頭を使うゲームでもあります。

アクションもさることながら謎解き要素もあり、最後まで楽しくプレイできる工夫が施されています!

ゲームボリューム

door to phantomile
~世界が望んだ忘れもの~
ステージ数
  • 風のクロノア door to phantomile
    • 全18ステージ
  • 風のクロノア ~世界が望んだ忘れもの~
    • 全24ステージ

2作合わせて全42ステージを収録!

1作だけでも十分に満足できるボリュームなのに、2作も遊べるお得なパックです。

私が原作をクリアした当時は小学生でしたが、かなり長く遊んでいた記憶があります。難易度は簡単から普通だと思いますが、子どもながらに苦戦した記憶もありますね。大人になった今では少し簡単に感じて切ない…。

グラフィック・BGM

グラフィック

公式グラフィック比較動画

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立った記事はシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次